反則行為の行方は? ホウエンポケモンリーグで疑問の判定
2023-07-09

反則行為の行方は? ホウエンポケモンリーグで疑問の判定

今月2日のホウエンシニアポケモンリーグ第5回戦の勝敗をめぐってまだ議論が絶えない。

試合開始から25分、ヨウコ選手はキノガッサにスカイアッパーを指示。タケル選手のルカリオをダウンさせるものの、容赦なくマッハパンチでの追撃を入れる。そこにヨウコ選手がマッハパンチの使用を宣言した様子は見られなかった。
国際ポケモンリーグ連盟においては、技で相手のポケモンをダウンさせた後、そのポケモンが復帰するまでに次の技を指示することは禁止されている。
審判は最初のスカイアッパーでルカリオがすでにダウンしており、試合上の影響がなかったことを理由にヨウコ選手に厳重注意の上で試合続行の判定を下し、2-0でヨウコ選手の勝利。
しかし6日、タケル選手は事務局へ不服を申し立てたとSNS上で発表した。

これに対しヨウコ選手は自分はキノガッサにマッハパンチの指示をしておらず、キノガッサが自発的にやったことだとSNS上で発言したものの、ポケモンリーグはバトルの実力と同じくらいにポケモンの育成状況も見る場。指示を無視して勝手に行動したなら、ヨウコ選手のトレーナーとしての資質が問われることになる。
また、観客席から観客が撮影していた映像ではキノガッサがスカイアッパーを放った後にヨウコ選手は左手の中指と薬指を立てており、振り返ったキノガッサがそれを見た様子が映されている。この直後にマッハパンチが放たれたのだが、ヨウコ選手はこのサイン疑惑を否認している。

また、タケル選手についても疑惑の種は尽きない。
試合開始21分、2匹が組み合っている際にルカリオがキノガッサの左腕に噛みついている。ルカリオは「インファイト/はっけい/ドレインパンチ/つるぎのまい」で技の登録が完了しているため、この「かみつく」攻撃はリーグ規定で反則となりうる部分だ。この行為によってキノガッサの怒りのボルテージが上昇していた可能性も否めない。
タケル選手は第2回戦で持ち物の重複により反則負けして以来、連敗が続いており、来週のアユミ戦によってはBリーグ降格が確定してしまうが、再検証によってこの敗北が覆れば降格も免れる。
また、タケル選手に対しては試合前半のキノコのほうしへの対処についても各所から甘さを指摘する声があり、試合から4日後に事務局へ不服を申し立てる遅さも疑問視されている。
“逆境をチャンスに変える熱血ファイター”は今まさに逆境に立たされているが、今後が気になるところだ。

第6回戦でのヨウコ選手の対戦相手となるヤルキモノ☆マスク選手はポケットスポーツの取材に応じた。
「そもそもあのキノガッサではパワー不足でルカリオを一撃で沈められない。パワーがないから戦いに迷いが出て余計な追撃を入れてしまう。自分がヨウコ選手との戦いでそれを判断したい。処分するならそこからでいい」

ホウエンポケモンリーグ協会は事実関係を確認中とのことで、現状は両選手に処分の目処は立っていない。
ホウエンシニアポケモンリーグ第6回戦は来週16日に開催予定だ。

この記事にイイねする
メール通知登録
通知方法
4 コメント
古い順
新しい順 高評価
Inline Feedbacks
View all comments
匿名
11 か月 前

かみつくに関してはセーフじゃね?そんなこと言ったら鳴き声覚えてないポケモンは試合中黙っててくださいみたいなもんじゃん

技の「かみつく」はタイプのエネルギーが乗ってるからダメージになるのであってただ噛み付いただけじゃ関係ないでしょ

匿名
11 か月 前

かみつくに見えたのは「インファイト」だったんじゃない?
インファイトの習得に人間のような二足歩行は関係ないし
四足歩行のポケモンにインファイトを指示すればたいあたりやかみつくだろうし
打撃と蹴りと尻尾とかみつくとボーンラッシュの骨と、全身をフルに使って戦うのがルカリオの「インファイト」なんだよ
なお波動を撃つのは「インファイト」に含まれないものとする。接近戦じゃないからね。

匿名
11 か月 前

ヤルキモノマスク選手が言ってた、キノガッサのパワー不足を自覚してたから連撃を組んでたって事は無いの?

匿名
11 か月 前

スカイアッパーでひるんだルカリオに問題あるだろう

投稿をシェアする

カントーからパルデアまで全世界で流行っている、記事コンテンツを気軽に発信できるサービスです。Pokelogの愛称で親しまれています。