悪しき歴史 ~ユキワラシ発電について(コラム)

悪しき歴史 ~ユキワラシ発電について(コラム)

HOENN JOURNAL

この時期になると思い出す、ユキワラシ発電について記す。

一.ユキワラシ発電とは

ユキワラシ発電とは、ユキワラシが震える力を使った発電方法である。ユキワラシ発電の歴史は古い。何せ、ユキワラシが存在しているだけで良いのだから。

彼らは常に震えている。暑かろうが寒かろうが震えている。故にその余剰なパワーを何かに使えないかと考え出されたのが、このユキワラシ発電法である。寒い地方であれば寒い地方である程効果的である。

二.発電方法

まず、鋼の炉の中にプールを作り、そこにユキワラシを入れる。プールの水の冷たさに、ユキワラシは震え始める。ユキワラシが振動すると、そこに熱が生まれる。この熱によって水が沸騰し、その熱エネルギーを取り出す事ができる。その熱エネルギーを電気に還元し、各家庭に供給する。これがユキワラシ発電である。

三.問題点

しかしこの発電方法には問題がある。

当たり前なことだが、ユキワラシが疲れてしまう。それ自体も問題だが、疲れたユキワラシの代わりに別のユキワラシを入れる際に、熱暴走によりユキワラシが溶けてしまうこともあり、これがユキワラシに対する虐待だ、と市民の怒りを買うこともあった。

また、何らかの手違いでユキワラシがオニゴーリに進化し、発電所の機材を噛み砕く事故が発生することもあり、安定した電気を供給する妨げとなったこともある。

四.重大インシデント

そして、この発電による一番のインシデントは、通称「ユキメノコ事件」と呼ばれている。

どういう訳か発電所に岩雪崩が発生し、発電所で飼われていたユキワラシが全て脱走。その岩が目覚め石の結晶であった為、発電所内の♀のユキワラシが全てユキメノコに進化。所員の生気を奪って雪山に逃走、全ての所員とユキワラシ・ユキメノコが行方不明となった事件である。

これはユキワラシを蔑ろにした恨みを買ったからだと云われているが、詳しいことは分かっていない。

※現在では電気ポケモンから安定して電気を作り出す方法が確立された為、この発電法は過去の物となった。絶対に繰り返させてはいけない。

(ホウエンジャーナル/ミコシバ)

切り絵が得意なキングラーの作品展が開催 タマムシシティ

切り絵が得意なキングラーの作品展が開催 タマムシシティ

カントー地方在住の会社員ヨウスケさんの相棒キングラーのシザーン(オス)は切り絵が得意だ。実はヨウスケさん自身、切り絵が趣味で、休日に切り絵を楽しんでいるヨウスケさんを見て、シザーンも切り絵を始めたらしい。

シザーンは、ポケモン作とは思えぬ繊細な作品を作り出す。その才能は人々の口づてで広がり、最近ではタマムシシティのローカル番組で取り上げられることもあったようだ。そしてこの度、タマムシデパートのイベント会場にてシザーンとヨウスケさんの切り絵作品展が開催される運びとなった。

入場は無料で、会場の売店では、コンビでの作品集も販売される予定。また、イベント最終日には生でシザーンとヨウスケさんの切り絵ショーが見られる。開催日時など詳細については、タマムシデパートまで。

(ポケモンスクープタブロイド/moca)

「元気なディグダをゲットしよう」農作物を守る新たな試み マサラタウン

「元気なディグダをゲットしよう」農作物を守る新たな試み マサラタウン

毎年ディグダによる農作物の喰い散らかしが問題となっているマサラタウンに、新たな試みです。

昨今マサラタウンでは、収穫寸前のフルーツがディグダにより食べられてしまうという事例が頻発しており、その被害額は年間数百万におよびます。

自治体は「元気なディグダをゲットしよう」をスローガンに、他の街からポケモントレーナーを呼ぶ新たな試みをしています。この施策によりディグダの数が減少し、農作物への被害を減らすことができると自治体関係者は語っています。

しかし一方で、土壌を耕してくれている野生ディグダの数を減らすことは生態系が崩れる要因となるとの見方もあり、今後も議論となりそうです。

(ポケモンアフターV/ヒフミ)

需要の急激な増加により、ウールーのニットセーターが品不足に

需要の急激な増加により、ウールーのニットセーターが品不足に

ウールーのニットセーターが品不足に陥っている。

ここ数か月ウールーの毛を使用したニットセーターの需要が急激に高まっており、地方全土にわたり工場での製造が間に合っていない。

生産元のマクロコスモス社によれば、早急にポケジョブを活用した生産ルートを確保するとのことで、近日中にも品不足は解消される見込みだ。

なお、本商品の需要がなぜ急激に増加したのか関連マーケティング会社が調査を行った結果、ジムリーダー兼モデル・ルリナ氏の着用で急激に人気が高まったと分かった。

(ガラル流通新聞/リンドウ)

ガラル代表 vs カントー代表 親善サッカー大会開催

ガラル代表 vs カントー代表 親善サッカー大会開催

本日、鎧島スタジアムにて親善サッカー大会が開催されました。

試合開始直後、ガラル代表がカントー代表のゴールに迫ります。中盤からゴリランダーのグラススライダーで左側を突破しストライカーのエースバーンにボールをパス、ブレイズキックシュートを放つもカントーのGKバリヤードのリフレクターに止められてしまいます。

一方のカントー代表も反撃を見せます。バタフリーによるしびれごなでガラルDF陣の動きを止め、カメックスの高速スピンで中央突破!

カメックスからパスを貰ったリザードンはすかさずドラゴンテールシュート。
しかしGKタチフサグマのブロッキングによる好セーブに阻まれてしまいました。

お互い見せ場を作るも0対0のまま前半を終えます。

後半からガラル代表はバリコオルが途中交代で出場。バリアフリーによりGKバリヤードのリフレクターを消し、巧みなパス回しでゴールを攻めます。しかしゴール手前でオーロンゲのわるいてぐせが発動、痛恨のハンドでチャンスを潰してしまいます。

試合終了間際、中盤でニドキングがちからずくでボールを奪いエースのピカチュウにパス。

中盤からボルテッカーでスピードに乗り中央突破し、そのままの勢いでアイアンテールシュート!

タチフサグマのブロッキングを打ち破り見事にゴール!

試合は1対0でカントー代表が勝利を収めました。

次週は、ホウエン代表 対 アローラ代表の試合が行われます。
果たしてウルトラビースト軍団は難攻不落のGKホエルオーからゴールを奪えるのか!?

ポケモンスポーツニュース/ラビット

「ゲンガー饅頭」が発売 ゲンガーフェスVIP入場のチャンスも シオンタウン

「ゲンガー饅頭」が発売 ゲンガーフェスVIP入場のチャンスも シオンタウン

シオンタウンでは今月から、町おこしの一環として御当地お菓子を発売する。

その名は「ゲンガー饅頭」。ポケモンのゲンガーを饅頭のイメージキャラクターに選ぶことによりゴースト系ポケモンの好感度を上げ、シオンタウンの慰霊スポット『ポケモンタワー』への集客につなげる狙いのようだ。

饅頭自体はこし餡の入ったベーシックな饅頭だが、まれにゲンガーの色にちなんだ紫色のあんこが入ったサツマイモ味の饅頭があるとのこと。紫色の饅頭を手にできた人は、饅頭の包み紙をシオンタウンのフレンドリーショップに提示することで、ポケモンタワーで定期的に開催予定のゲンガーフェスに特別VIP待遇で入場できるVIPゲンガーパスをゲットできる。

ゲンガー好きの方は、紫色を引き当てるために食べ過ぎないよう注意が必要かもしれない。

日刊シオンタウン / サトル

悪夢を見ない為に… スリープを飼う家庭、急増する

悪夢を見ない為に… スリープを飼う家庭、急増する

シンオウ地方のある地域で、住民が悪夢にうなされるという事例が頻発している。原因は未だ不明、現在も調査中だ。

そのような状況の中、”夢を食べてもらう”ことを目的として、スリープを飼い始める家庭も少なくはないという。

しかし、スリープは悪夢ばかりを食わせると腹を壊すという研究結果もあり、学会は「スリープを安易に飼おうとせず、まずは規則正しい生活と適度な運動・しっかりとした睡眠を取ることから始めるべきだ」とコメントしている。

(デスカーン編集部/ヨモヤマ)

SNS詐欺被害に注意!偽物の「かわらずのいし」出回る

SNS詐欺被害に注意!偽物の「かわらずのいし」出回る

「購入したかわらずのいしが偽物だった。私の可愛いモクローちゃんが進化してしまった」

悲痛な面持ちでこう語るのは、ガラル地方在住ポケモンだいすきクラブ会員の50代男性。SNS上でかわらずのいしの格安販売業者と知り合い、SNS上で取り引きを行った。届いた商品をポケモンに持たせていたが、数日後に進化してしまったようだ。

男性はジュンサー連合に被害届を提出し、このように話している。「フクスローちゃんも可愛いので大した問題ではなかった。しかし被害が拡大しないよう届け出ることにした」

偽物のかわらずのいしは専門の研究機関によって解析が進められているが、非常に精巧に作られており本物と見分けることは非常に困難であるとのこと。

ジュンサーは販売業者の行方を追うと共に、SNS上で石の取引を行わないよう全国各地に注意を呼びかけている。

(Pocket NEWS / ミライ)

(寄稿)いたずらゲンガーの顛末

(寄稿)いたずらゲンガーの顛末

寄稿者:イソダソメキチ(25歳 女性 落語家・ハクタイシティ)

これはわたしに起きた嘘のようで本当のお話です。

特殊な仕事のため、地方に呼ばれることの多い私。今回はヤマブキシティに向かうことになりました。呼ばれたからにはいきたいのですが、車も持っていないしポケモンに乗るにもつてがないと考えあぐねていたところ、知人にこういわれました。

「俺のばあさんのお使いをしてくれたら、ヤマブキシティの近くの町まで連れて行ってやるよ」

交通費と言っても遠いと馬鹿にならないので二つ返事でOKして、さっそくそのおばあさんのもとへと向かいました。おばあさんは鈴のついたお守りを私に大事そうに手渡すと「これをわたしの大事なガーディーちゃんのところへ届けておくれ。」と言いました。

これはつまりポケモンの墓参りだったのです。おばあさんは足が悪く遠方にある愛ガーディーちゃんのところに行けなくなったことをたいそう悲しんでおりました。私は知人の車に乗せてもらいお墓のあるシオンタウンでおろしてもらいました。途中で知人に「あなたは墓に行かないのか」と聞くと「無理無理。俺オバケ怖いもん。」と言われました。

なるほど、ゴーストポケモンが出ると噂のポケモンタワーには怖がりではいけないというわけか。私はそこまで怖がりではないのでポケモンタワーにすたすたと入り、件のガーディーのお墓の前にお守りを届けた。何かが出ると身構えていたので拍子抜けだなと思った矢先、足元に自分のものではない紫色の足が見えた。ぞっとして振り返ると誰もいない。というか周りに誰もいない。

「なんだ誰もいないのか。」

ぼそっと1人ごとを言うと反響しているかようなスピードで

「ナンダダレモイナイノカ」

唸るような低い声が聞こえた。私は恐ろしくなり

「誰かいないの?」

と叫ぶと同じ声量で先ほどと同じタイミングで

「ダレカイナイノ!」
と聞こえる。

怖くなって出口にダッシュで向かった。が、それにぴったりと張り付くようにヒタヒタヒタヒタという足音が聞こえた。それでも立ち止まりたくはないので出口まで向かった。出口を通り過ぎてもしばらく走ってしまい、近くにいた中年女性にぶつかった。

「アレサ、危ない!」
「ああ、すみません。」「██、██████」

私の声を聴いた中年女性がうわっと言ったのが聞こえた。

「お嬢ちゃん、タワーから出てきたの?」
「え?はい…」「██?████…」
「声が変なのわかる?」

先ほどと同じように反響するような唸り声が聞こえた。というより私が話すとすでにその低い声にかき消されてその声が話しているようになっている。

「ゲンガーよ。」
「ゲンガー?」「████?」
「お嬢ちゃんにいたずらゲンガーがついちゃったのよ。」

中年女性曰く、いたずらゲンガーがつくとゲンガーが納得するまで後ろで声真似をし続けるため、声が変わったように聞こえてしまうんだろうと言われた。さすがに仕事に支障が出てしまうなあと感じながらヤマブキシティの仕事現場まで向かった。

「イソダさん、遅いですよ。」
とホールの支配人が呼んでいる。

私はふと考えた。ゲンガーはあくまで私の声を変にしているのではなく声を追いかけて真似をしているにすぎない。

と、すれば。

私は支配人にメモで「演目を変更します。」と伝えた。そして、出囃子がなり真ん中の座布団に向かって歩き出す。私はお辞儀をしてから観客に告げた。

「どうも、三代目ルージュラ亭イソダエイキチでござんす。実はこのたびシオンタウンのゲンガーがこの私に取りつきやして、ほとほとこまってしまいましてね。」
「██、█████。████████、████████████████。」

観客はぎょっとしている。

「しかし、私についてきたからにはお友達になったほうがいいと思ったんで名前をつけたいと思うんですよ。縁起の良いね、」

私は全力でしゃべり出した。

「ルージュラ亭はつけてあげやしょう。ルージュラ亭じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ」
「███████。███…██jy██gk████×██gy█sg██m█ッ!……」

枯れた声は慌てたように私の声とずれていく。

「パイポパイポの…」
「p██⁉pイp█?p……」

ついには声から離れ、セリフもカミたおし始めた。

「ポンポコナーノちょうきゅうめいの…」
「p██n██……モウダメダ…」

ああ、弱音が聞こえた。…ような気がした。

「・・・ちょうすけさんと。おや?ゲンガーさんいらっしゃいますか?」

私は会場の端から恥ずかしそうに去っていくゲンガーの顔を見た。
私はにんまり笑ってゲンガーにお辞儀をした。

「おあとがよろしいようで。」

ゲンガーは二度と現れなかった。

「ふしぎなアメ」で育てるのは愛?それとも虐待?本来の能力を失ったポケモンたち

「ふしぎなアメ」で育てるのは愛?それとも虐待?本来の能力を失ったポケモンたち

ポケモンの育成方法といえば古くから「ふしぎなアメ」が有名です。

与えるだけでポケモンが育つことから利用したことがある人も多いのではないでしょうか?ガラル地方では、新しく「けいけんアメ」も販売されるようになり、近年のポケモン育成やバトル産業に大きく貢献しています。

そんな多くのトレーナーに愛されるアメですが、最近では与え過ぎによるポケモンたちの肥満や健康面での不安・成長の阻害などが一部の研究者やトレーナーたちの間で問題視されるようになってきました。

たしかに、アメはポケモンの育成を簡単にしますが、カロリーが高く、ポケモンバトルの回数も必然的に減っていくことから、ポケモンたちは通常の成長と比較して様々な問題を抱えることも珍しくはありません。例として、本来のジャンプ力を失ったポニータや、人を乗せて飛べなくなったピジョットなども確認されており、ポケモン本来の能力に確実に影響を与えています。

甘くて美味しいことから、ポケモンたちもアメが好きなようですが、果たしてポケモン本来の能力を失うリスクを抱えてまで与え続けるアメは正しい育て方といえるのでしょうか?

育てるのが便利になった反面、今一度、正しい育て方を見直す必要があるのかもしれません。

(ポケモンを育てよう 特別号/ミミコ)

Welcome Back!

Login to your account below

Create New Account!

Fill the forms below to register

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.

Add New Playlist