投稿者:オウギ
/ 旅人
2023-07-03 21:44:12

旅をしている皆に

ポケモンと旅をしてる者なんだけど、やっぱり大自然の中では面白い事がいっぱいだよ。 この間は目が覚めたら満天の星空が広がっていたんだ。本当に驚いた。どうしてかって、私たちはその前の夜、不気味な森をどう歩いても抜けられずに困り果て、仕方なく寝袋を広げて一泊した筈だったからさ。この真相が分かるかい? ゴーストに化かされた訳じゃない、僕たちが森だと思っていたのはオーロットやドダイトス、ナゾノクサ……そういったポケモンたちの群れだったんだ。大量の足跡、残された岩の配置や星の位置が物語っていたよ。 どうして一夜にしてそんな大移動を?森はどこへ消えたのか?……更に言うなら寝ていた私は何故全く気付かなかったのか。森に見えるほど大量のポケモンがいたはずなのに! 世界に不思議は尽きない。旅をしている皆、そんなポケモンたちの不思議な行動を見掛けたり、驚くような体験をしたことはないかな?旅の慰めに是非教えてほしい。
\イイね!/
メール通知登録
通知方法
4 コメント
古い順
新しい順 高評価
Inline Feedbacks
View all comments
匿名
7 か月 前

くさポケモンたちの動く森…!すごく神秘的ですね!しかし、群れの中に人間が迷い込んでも危害を加えないとは…優しいのか、それとも人間なんて眼中にないのか…ポケモンは不思議ですね~

さて、私の話もさせてください。ちょっと長いかも…
その時の私は、主さんと同じように森を進んでいました。森を抜ける前に日が落ちてしまったうえに疲れもあったので、森の中のちょっと開けた場所で野宿の準備をしていました。
火を焚いて夕食の準備をしていると…どこからともなく野生のパッチールが現れました。最初は料理の匂いに釣られて出てきたのかと思ったんですが、料理には興味がない様子で私の前でふらふらしているだけだったので、なんか気まずいなあと思いつつ完成した夕食を食べ始めた…その時です。
周りの茂みからパッチールがわらわらと何匹も現れて、私の周りを囲んでしまいました。すると、さすがにこの状況は危険かと思って身構えた私には構うことなく、パッチールたちは焚火と私を中心にして踊り始めたんです。相変わらずのふらふらとした足取りで。びっくりこそしましたが、どうやら危害を加える気はない…と判断して、私はパッチールたちの踊りを眺めることにしました。
しばらくパッチールたちを眺めていると私もなんだか踊りたくなってきて、ついにはパッチールの輪に加わってふらふら踊ってしまいました。これがなんだか、今まで経験したことがないくらいとっても楽しかったんですよね…そうやってパッチールたちとともに踊って、踊って、なんだか視界が低くなっているような…そうか、私もパッチールだったんじゃないか…という思考で頭がふわふわしてきたところで記憶が途切れて、気づいたら朝で、地面に倒れていました。
慌てて身の回りを確認しましたが特に異変はなく、その上、たくさんのパッチールがいた形跡もなく…パッチールたちの踊りは夢か、あるいは幻覚だったのか…今でも不思議です。

以上、かなり長い&駄文になってしまいましたが、私の体験談でした。

匿名
7 か月 前

確かに、踏み潰されていてもおかしくはないと思ったんだが……。運が良かったのかもね。

最後まで読ませて貰ったよ。フラフラダンスでこんらんしたのか、夢だったのか…?本当に不思議な話だね。
ピッピやオドリドリ、キレイハナなど踊るポケモンの話は数あれどパッチールが焚き火を囲って踊る、というのは初めてだな。私も見てみたいよ。

匿名
7 か月 前

ホウエン地方を旅している者です。

数日前の夕暮れ時、113番道路を歩いていたときのこと…。あの日はいつになく降灰がひどくて視界が悪かった。道を見失わないように目を凝らして歩いていたら、どこからともなくヨマワルとサマヨールが現れたんだ。

このあたりにはいないポケモンだよな…?と思いながら様子を見てたら、その2匹は道の両端に等間隔でおにびを灯していった。ハジツゲタウンに向かうはずの道が、まるであの世へ向かう道のように見えて、ビビった俺は元来た道を引き返すことにした。

ゴーストポケモンはたとえ襲ってくる様子がなくても要注意だ。招かれるまま付いて行ってしまうと、二度とこの世に戻れなくなるかもしれない…。

匿名
7 か月 前

オウギだよ。人間もポケモンも、急に現れて手招きする者にはついていかなくて正解だ。
それにしても……ゴーストポケモンたちに着いていった先にあると言われる「あの世」とは、一体どんな場所なんだろう?帰ってきた人がまだいないから、永遠の謎だね…。

TOP / TCB