投稿者:ニリン
/ ギタリスト
男性
2023-05-16 03:12:51

「エリート」たる所以。

二番煎じですがバトルログを投下させて貰います。お相手はここでお会いしたAesculusさん。文も眩しかったが本人も明るい方だった… 待ち合わせた広場ではもう既にバトル用の場所の申請をして頂いてました。マジで感謝。 結論から申し上げるとまぁ…めっちゃ強かったっすね。ルールは2対2のダブルバトル、持ち物無の一本勝負。自分はシザリガーと、地元のバトルじゃ出さない秘蔵っ子のタチフサグマのコンビ。対面は指定でお願いしたサワムラーとニドキングのコンビ。 自分、出した二体から察する通りあくタイプ使いなんで…かくとうタイプは苦手なんすけど、かと言っていつまでも避けても強くなれないじゃないですか。だからこのマッチアップ。 それを汲んでくれた向こうからの先取、サワムラーの「ローキック」はタチフサグマで「ブロッキング」成功。「ドリルライナー」で突っ込んできたニドキングには当てるつもりの無いフェイントの「ハサミギロチン」をシザリガーに指示して一旦退かせる。空振りでも見せた脅威は後に引きますからね。 でもそこからが機転が早い、退いたニドキングの腹を蹴らせて加速したサワムラーがもう一度「ローキック」を仕掛けてきてタチフサグマの姿勢が崩れた瞬間にニドキングの「じならし」炸裂。勿論サワムラーが巻き込まれないようにそっちは「とびひざげり」でもう既に空中回避。反応が遅れて少しダメージ追ったけどシザリガーもジャンプと「クラブハンマー」の指示をしてサワムラーを追わせる。 空中で激突する二体の攻撃、拮抗してる間にニドキングにもダメージを与えとこうとタチフサグマに「つじぎり」…を使わせたもののニドキングには「まもる」をされた。 ここまでの組み手でAesculusさんはだいぶ堅実な戦い方だと分析した自分は、お互い弾かれて帰ってきたシザリガーには「スピードスター」の拡散を、タチフサグマにはニドキングに目線を送ってからスイッチしてサワムラーへ「れいとうパンチ」をさせる。あくタイプらしく撹乱で差を付けるしかない。 …と思っていた自分を真正面から切り崩す様に覚悟が決まった顔で距離を詰めてくる二匹。サワムラーは独特のファイトスタイルの足取りで、ニドキングは先程の様に小細工無しの突っ込み。ニドキングにはスピードスターの大半を叩き割りながら進軍されてシザリガーを空に「ばかぢから」でカチ上げられて、サワムラーには視線流しの攻撃を読まれて、「カウンター」をタチフサグマに叩き込まれた。 ……と、いう訳でダブルKOで自分の負けです。強ぇ〜…!最後にめちゃくちゃ大胆な戦術で華麗に返されて、もはや清々しい。 ログの投下もだいぶ遅れましたがAesculusさん、バトル本当にありがとうございました。 堅実さ、読みの強さ、やっぱりエリートトレーナーって凄いんだと実感。言葉に出来ない興奮であまり喋れなかったんすけど、本当に良くポケモンを観察してるんだなと思いました。 地元の四天王カゲツさんやガラルのネズさんに憧れて始めたあくタイプのエキスパートを目指す道ですが、本当に険しくて、それ以上に楽しい…!また戦わせてください。
\イイね!/
メール通知登録
通知方法
2 コメント
古い順
新しい順 高評価
Inline Feedbacks
View all comments
9 か月 前

こちらこそバトルありがとう、ニリンさん!タイプの拘りがある人は性格がタイプに似るって話があるけど、その通りニリンさんも鋭い勝負勘と頭脳が冴える「らしい」バトルだったぜ!カントー地方だとあくタイプ使いはあんまり見ないからね、尚更勉強になったね。
最初の指示からこの人にペースを取らせちゃ駄目だ、と思って強引に行くのを視野に入れたんだ。ヒヤヒヤしたシーンも多かったし、サワムラーの体力も最後はギリギリ。本当にあくタイプとのバトルは一瞬の隙が命取りと改めて学んだよ…!良い勝負だった、またやろう!

匿名
9 か月 前

お二人共バトルお疲れ様でした!す、凄い…!前回とは打って変わっての駆け引きが光る勝負ですね!シザリガー、余り知らない子だったのですがかっこいいですね…!私だったら一回ハサミギロチン見せられたら怖くて攻められないかも…Aesculusさんの話も含めると、タチフサグマの方も一手入れば状況が違かった感じですよね?あくタイプのトレーナーさんのバトルは手に汗握る頭脳戦でとっても興奮しちゃいますね!

TOP / TCB