2023/06/23 23:05

世界崩壊スイッチ

昔『世にもゴーストな物語』でやってた洒落ゴスと、その後うちの家族に起こった修羅場を聞いてほしい。

ふたごじまを訪れた主人公は、伝説のポケモンがいると噂の洞窟に足を踏み入れた。すると地面に何かを発見した様子。しゃがんで地面を調べた次の瞬間、霧のようなものが立ち込めて、周りの岩や地面がぐにゃ〜っと歪みはじめた。

驚いて右往左往していると、歪みはどんどん大きくなっていく。主人公の体も歪み始め、ついにその場に倒れてしまう。その後、ふたごじまの遠景、海、港町、都会と、映し出される景色が次々と歪んでいく……

そこでドラマが終わり、ストーリーテラーのキモリさんが「どうやら彼は世界崩壊のスイッチを押してしまったようです。この流れはもう止まりません。あなたの街ももうすぐ…」と言ったところで、スタジオのセットとキモリさんがぐにゃ〜っと歪んでいき、エンドロールもなしにいきなり番組が終わった。今思えば画面の下の方でスタッフロールが流れてたのかもしれないが、とにかく俺には突然番組が打ち切られたように見えた。

そして当時、俺が住んでた田舎では夜の9時か10時にはテレビ放送が終わって、画面が砂嵐になるのが日常だった。お察しの通り、その日は偶然『世にもゴーストな物語』が終わった直後に停波して、テレビ画面が砂嵐になった。俺はまだガキだったから、それを見て本物のアクシデントが起こったと思ってパニックになった。

「おがあざーん!!世界が崩壊するー!!」って号泣しながら隣の部屋にいた親に抱きついたが、親はテレビを見てなかったので何のことかさっぱり。「さっきテレビで見た」の一言も言えないまま、ただ「せか…せかいが…崩壊…崩壊するんだよおお!!」って繰り返すもんだから、親は俺がゴーストポケモンにでも取り憑かれたんじゃないかと思って、慌てて近所の祈祷師のところへ俺を担ぎ込んだ。

その祈祷師がやるお祓いみたいなのがまた怖くて、泣き叫びすぎた俺は過呼吸を起こして、ついに白目を剥いて倒れてしまった。救急搬送された病院のベッドで目覚めた時には少し落ち着いていたので、そこでようやく「さっきテレビで見た」と話したら、医者と看護師は爆笑し、母親はその場で泣き崩れ、父親は真っ赤な顔で俺を一発殴った。

学校の友達は「昨日の『世にもゴーストな物語』リアリティなかったよなー。世界崩壊のスイッチがなんで洞窟入ってすぐの地面にあるんだよ」「ばーか、尺の都合って言うんだよ」なんて呑気に話してたけど、うちの家族にとっては間違いなくトラウマレベルの洒落ゴスだったよ…。

メール通知登録
通知方法
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

About

TCB (ch/Poketter)は、ポケモンが実在する世界で運営されている、インターネット上のコミュニティサービスです。

3243 Post
23851 Comment
TCB/poketter

ポケモンがいる日常を覗いてみよう